MENU

練馬区の外壁塗装・屋根・雨どいはおひさま美装にお任せ

お気軽にお電話ください

0120-014-980 電話受付 9:00~18:00(日曜・祝日定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 雨樋の豆知識 > 【雨樋修理修理はした方がいいの??】

【雨樋修理修理はした方がいいの??】

雨樋の豆知識

2022.10.31 (Mon) 更新

すぐにお申込みされたい方~練馬区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-014-980
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~練馬区の方~

練馬区にお住まいの皆様こんにちは!

練馬区地域密着の外壁塗装・屋根・雨樋専門店おひさま美装  ブログ更新担当です。

今回は『雨樋修理修理はした方がいいの??』です。

【雨樋とは・・・

雨樋とは、屋根やベランダなどに溜まった雨水を地上に運ぶ大切な役割を担っています。

雨水を長時間放置していると、建物全体の劣化に繋がります。

雨水が放置されて建物の箇所が長時間湿ったままにあると、塗膜が剥がれてそこから雨水が浸透して雨漏りが起きます。

屋根やベランダの劣化ばかり感じてしまいますが、雨樋の不具合は外壁の雨漏りにもつながります。

屋根だけではなく雨樋が破損している場合は、雨水が外壁から直接当たって地上に流れていきます。

汚い雨水があたると外壁がすぐに劣化していきます。

さらに、屋根から勢いよく地上にあたるとその泥が跳ねあがりより外壁が汚れてしまいます。

雨樋部分を普段見る箇所でないために、不具合に気づきにくいため放置しまいがちですがお家を守る大切な役割をになっております。

【雨樋修理はお早めに】

雨樋の異変に気付いたら、すぐに修理を依頼しましょう。

先ほども申しました通り、雨水は建物の劣化を進めます。

雨樋の異変は雨が降っている時にしか気づくことができません。

屋根からうまく雨水が排出されていない、ベランダが水が張っているままなど気づいたことがありましたらすぐに連絡しましょう。

小さな工事であれば、現場調査時にその場で補修工事をすることができます。

大きな破損であれば足場を組み立て雨樋本体の交換になります。

雨樋の状態がどんどん悪化してしまうと補修費用もかかりますし、工事期間もかかります。

雨樋を修理するには、知識が必要になります。

【雨樋が壊れる原因6つ】

雨樋が不具合を起こしてしまう主な原因は下記になります。

①詰まり、ゴミがたまる

雨樋の修理・補修にかかる費用・価格・業者の選び方

雨樋の不具合の多くが葉や土の詰まりになります。

雨樋で特に詰まりが起きてしまうのは「集水器」と、「竪樋」です。

集水器は屋根からの雨をためている場所で、その雨と一緒に葉やゴミ等が流れて集水器に流れてしまいます。

竪樋は雨水を地上に流すためにある樋になります。

外壁に沿って樋があるのでその部分になります。

近くに木がある場合、落ち葉や枝木などの木々が原因で詰まる事が9割になります。

また、木々だけでなく鳥の巣や、糞、風で飛んできたビニール袋が原因になる事も💦

雨樋を見て、菜箸や手が届く範囲のゴミや落ち葉であればご自身で取り除くこともできます。

その際には無理やり行わずに優しく行いましょう。

最後に雨樋にバケツで水を流し入れて水がスムーズに流れるか確認しましょう。

ゴミを取り除いて、スムーズに水が流れない場合は無理して雨樋をいじらずに専門業者に連絡しましょう。

②経年劣化

経年劣化は外壁や屋根だけだと思っていませんか?

実は雨樋も経年劣化により不具合を起こしてしまいます。

雨樋の耐久年数は20年。

長くても25年になります。

それ以上経過してしまうと穴が開いてしまったり、金具が外れてしまったり本体に不具合が起きてしまいます。

経年劣化で不具合が起きている雨樋は本体の交換を行わなければいけません。

③風や雪による被害

突風や雪による自然災害による雨樋の負担は1階部分の雨樋に起こりやすいです。

台風明けなどでは雨樋などの不具合に気づき、依頼が殺到してしまうので早めに確認しておきましょう。

自然災害での雨樋破損は、火災保険の適応内になりますので、加入している保険会社に保険内容も把握しておきましょう。

雨樋の現場調査時に担当者に、火災保険の有無をしっかり伝えておきましょう。

④傾斜

雨樋は実際、水平ではなく、集水器に向かって排水しやすいようにある程度斜めになっているのが基本になります。

ですが、この傾斜が正常な傾斜でなかったり、曲がっていたすると雨水がうまく流れずに雨樋から溢れてしまいます。

雨樋の傾斜が正しくないと、取り付け金具なども外れやすくなってしまいます。

金具は力を加えれば曲げることはできますが、力加減をまちがえてしまうと金具が壊れてしまいます。

 

⑤金具のはずれ

雨樋を支えるはずの、支持金具自体が外れてしまっていると雨樋が取り外されることができます。

金具の取り付けではなく、全体の交換で直すことになります。

金具の取り付けは素人ではなかなか難しいので、きちんと雨樋のプロに依頼しましょう。

⑥つなぎ目に間がある

雨樋の継ぎ手にすきまが出来ているその原因は施工不良か経年劣化になります。

20年以上経過していないで上記のような不具合が起きている場合は施工不良になります。

1、2か所であれば雨樋用の接着剤で補修することができます。

ただしこの接着剤による補修は一時的なしのぎにしかなります。

状態にもよりますが、部分交換で終了します。

早い段階で相談すると補修費用も工事期間もかからずに補修できます。

【DIYの雨樋補修は危険!】

DIYで自分で雨樋補修できるのであれば、自分で行いたいですよね。

ですが雨樋は思っているよりも脆く、力の入れ方を間違えてしまうとすぐに曲がったりへこんだりしてしまいます。

また、雨樋はかなり高所になります。

脚立に上って直せばいいかと思いますが、かなり危険な作業になります。

また2階や屋根部分なんてもっと危険になります。

おひさま美装は外壁塗装・屋根・雨樋専門店です。

練馬区地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそできる、即対応やアフターフォローに自信があります。
アフターフォローの充実したおひさま美装だからこそ多くの練馬区のお客様にお選び頂いております。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます!

練馬区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨どい工事専門店のおひさま美装の施工事例はこちら!!

練馬区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨どい工事専門店のおひさま美装のショールームについてはこちら!!

練馬区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨どい工事専門店おひさま美装へのお問い合わせはこちら!!

外壁塗装・屋根・雨どい専門店 おひさま美装へようこそ

おひさま美装

代表取締役 安永 啓介

はじめまして!おひさま美装代表の安永啓介です。弊社のHPをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

リフォーム業界は悪徳なやり方で経営されている会社が多く存在し、そういった会社に依頼し、失敗をしているお客様を数多く見てきました。中でも「手抜き工事」や「法外な請求をされた」など、真剣にリフォームをお考えのお客様が損をしていることが許せませんでした。

だからこそ弊社は、最安値への挑戦と丁寧な工事をモットーに、必ず満足をしていただけるサービスを提供できるように、練馬区に工事地域を絞り込むことで、お客様の急なトラブルやご要望にお応えできる体制を整備いたしました。
中でも、外壁塗装、屋根塗装、雨樋工事に専門特化しておりますので、安心して工事を任せていただけます。

そして、練馬区にお住まいの皆様への日頃の感謝を忘れずに、練馬区地域で一番信頼される会社を目指し、お客様へのご相談、お問い合わせに対応して参ります。

真剣にお住まいのメンテナンスをお考えの方に一番近くで寄り添えるようにショールームもオープンしております。ぜひお気軽にご来店ください。皆様が笑顔で快適な生活が送れるよう、私共々全力でサポートさせていただきます!これからも末永くご支援宜しくお願い致します。

  • ショールーム アクセスマップ

    ショールーム

    〒177-0041 東京都練馬区石神井町4-27-33
    TEL:0120-014-980
    営業時間 9:00~18:00(日曜・祝日定休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-014-980
    受付時間 9:00~18:00(日曜・祝日定休)

    無料お見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-014-980 電話受付 9:00~18:00(日曜・祝日定休)

お問い合わせフォーム

おひさま美装 練馬区の外壁塗装・屋根・雨どい専門店おひさま美装

〒177-0041
東京都練馬区石神井町4-27-33
TEL:0120-014-980
FAX:03-5837-4473

対応エリア

対応エリア図
協力会社様募集